FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スプレッド取引の委託証拠金、引き下げ?
 三井物産フューチャーズのチャートソフトFutures Analyst関連ブログ、アナろぐサヤ比較機能 (ガソリン・灯油の9月物)の記事におまけとして
----------
東工取がガソリン・灯油の限月間スプレッド(カレンダースプレッド)の証拠金を引き下げる方針のニュースが出ていました。売りと買いで2枚必要な証拠金を1枚分や1.5枚分に引き下げることを考えているそうです。これが実現されれば投資効率アップしますね!是非これを機会に「サヤ比較」機能を使って限月間スプレッドの比較検証も行ってみてください。
----------
と書かれていました。

 これは、私にとってなかなか大きなニュースです。
 私は、このブログ開設当初はガソリンのスプレッド取引を主な投資手法としていましたが、最近はガソリンと原油のストラドル取引が中心になっています。
 
 今でも、ガソリンのスプレッド取引は比較的安全で良い投資手法だと考えていますが、

 ・もともと値動きがそれほど大きくないスプレッド取引が、2005年9月24日から取引単位が100倍から50倍に変更になったことで、同じ値動きでも収益が2分の1になってしまった
 ・1組のサヤ取りの仕掛けをするのに、ガソリンと原油のストラドル取引では10,000円なのに対し、ガソリンのスプレッド取引では240,000円の委託証拠金が必要になる
 
 これらがネックになって、ほとんど取引していませんでした。単に、ガソリンと原油のストラドル取引が面白いと言うこともありますが・・。

 委託証拠金が安くなって変わることは、同じ資金で仕掛けられる組数が増えると言うことです。取引単位が2分の1になったことで逆行による含み損の発生も2分の1になって、私のようなナンピン手法の場合、仕掛けやすくなっているのですが、ナンピンを仕掛けられる組数が増えれば、その仕掛け方の選択肢も増えていきます。もちろん、ナンピンの仕掛け方によって含み損の発生の仕方も変わりますので、資金的な余裕も考慮しながらナンピン幅など決めなければいけませんが・・。

 いつから、スプレッド取引の委託証拠金の引き下げが行われるかは分かりませんが、私にとっては良いニュースとして、今後、ガソリンの限月間の価格差もしっかり見ていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/482-828e017c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン