趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個人投資家が商品先物取引に求めるもの
 商品先物取引に対するのイメージは、未だに、「ハイリスク、ハイリターンの危ない世界」だと思います。
 一般の預貯金をローリスク、ローリターンだとすると
 株式投資はミドルリスク、ミドルリターン
 商品先物取引はハイリスク、ハイリターン
という感じでしょうか。
 最近では外国為替証拠金取引なども人気が出ていますが、実際のリスクはともかく、イメージ的には商品先物取引と比べて安全なイメージがあります。

 商品先物取引は、最もハイリスク、ハイリターンだと思われているところが大きなポイントです。つまり、商品先物取引をやってみようと考える人の多くは、高いリスクを取ってでも高いリターンを期待するわけです。

 私は、自営業をしているので、以前は、商品先物取引会社の営業マンが電話をかけてきて、実際に話聞くことが良くありました。

   苦い経験1 初めての建て玉  2005/06/30
   苦い経験2 買い増し  2005/07/01
   苦い経験3 両建て  2005/07/02
   苦い経験4 増える建て玉  2005/07/03
   苦い経験5 オンライントレード開始  2005/07/04
   苦い経験6 調子に乗ったとこころで・・  2005/07/06
   苦い経験7 最後の両建て  2005/07/07
 
 私が、三晃商事での対面取引でこれら苦い経験をする以前にお会いした営業マンの中で、1人だけ、金とプラチナのサヤ取りを私に勧めた営業マンがいました。その時は、結局、取引に至らなかったのですが、その当時は、どうせ先物取引をするのだったら、リスクを取って大きな利益を狙わないと、面白くないし、サヤ取りをしてリスクが減るのは分かるけど、リターンが減ってしまっては、敢えて先物取引をする意味がないのでは・・と考えていました。

 商品先物取引をはじめる多くの人が、似たような考えを持っているのではないでしょうか。

 「高いリターンを期待するのだったら、高いリスクを取るのは当たり前」 
 「高いリターンを得られるのなら、高いリスクを取りたい」
 
 と考えているのです。
 そして、多くの投資家が、高いリスクを取ることによって、失敗することになるわけです。
 ゼロサムゲームであることを考えれば、そうして失敗してくれる人がいるからこそ、私のところにも利益が回ってくるわけですが、縁あって、このブログを見に来てくれた方には、リスクマネージメントの大切さを理解していただいて、商品先物取引で失敗しやすい考え方から抜け出していただきたいと思います。
 私のように、失敗を体験して納得できないと、なかなか考えを変えるのは難しいかもしれませんが・・。

  ※記事に対する評価をお願いします。
    

  ブログルポ Blog Reportage 記事ごとの評価による新しいタイプのランキングサイトです。ブログをなさっている方は是非登録しましょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/490-dd979848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン