趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続・リスクマネージメント
 「むーみん理論を踏まえて」の誤り  2006/04/06を書いたのを機に、リスクマネージメント  2005/09/13で取り上げたコインゲームについてもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

 コインゲームのルールはこうでした。
「表、裏を当てるコインゲームで当たったときは賭け金の2倍の利益、外れたときは賭け金分だけの損失ということにします。
 持ち金100万円から始めて、賭け金は持ち金に対して一定の割合でかけていきます。4万円を切ったところで破産、ということとします。」

 「持ち金100万円から始めて、賭け金は持ち金に対して一定の割合」ではなく、「とにかく1万円ずつ」だったら、当たったら2万円の利益、外れたら1万円の損失ですから、2歩進んで1歩下がる感じて、どんどん利益が増えていきます(もちろんハズレが何回か続くこともあるでしょうが、確率的には五分五分ですので・・)。20回コインを投げれば平均的に10万円増えることになります。

 2万円ずつだったら20回コインを投げれば、平均的に20万円。3万円だったら・・30万円。と、賭け金を上げるごとに利益はどんどん増えていきます。

 当たり前のことですが、何だか凄いですよね。それだけ、「当たったときは掛け金の2倍の利益、外れたときは掛け金分だけの損失」というルールがいかに有利か、ということですね。

 これだけ読んだら、賭け金が多ければ多いほど良さそうな感じさえしてきます。

 「持ち金100万円から始めて、賭け金は持ち金に対して一定の割合」となったとき、いったい何が起きていたのか、詳しく見ていきましょう。

 話を単純にするために、1回当たって1回外れたときの資金の増減を見てみましょう
 coingamesoneki1.png

 「1回目当たって、2回目外れ」の場合も「1回目外れ、2回目当たり」の場合も、賭け金の割合が50%を超えてくると、利益よりも損失額の方が多くなってきます。
 投資で考えれば
 全体の損益=利益の平均値×勝率-損失の平均値×負ける率-手数料 がマイナスになると言うことですね。

 賭け金の割合が高くなって行くほど、外れたときのダメージが大きいことがよく分かります。

 利益の出ている50%より少ない賭け金の場合で、40%と10%が同じ利益になっています。
 リスクマネージメントの立場からしたら、「だったら10パーセントで行こう」と考えるべきですね。

 50%より下の場合の利益を見ると、「少ない」感じがしませんか?
 賭け金が少ないのですから、当然、少ないのですが、このルールのままゲームを続けていけば、どんどん利益は増えていくことになります。
 商品先物取引で、長期的に利益を増やすには、「ハイリスク、ハイリターン」ではなく「少ない利益を積み上げていく」という感覚が大切なんでしょうね。 

 ところで、賭け金の割合90%の人は最初90万円の賭け金だったわけですが、90万円だから悪かったのではありません。90%だったから悪かったわけです。もし、持ち金1,000万円だったら、この90万円も安全な賭け金と言うことになります。
 逆に、最初10万円の賭け金だった、賭け金の割合10%の人も、元々の持ち金が少なければ、賭け金の割合としては高くなるわけですから、リスクの高いゲームになってしまうわけです。

 個人投資家が、商品先物取引で不利になりやすいのは、資金の少なさから、必然的に建玉証拠金の資金に対する割合が高くなりやすい、と言うことも関係有りそうですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/524-39748824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン