FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
仕事との両立
アンクルさんから、以下のコメントをいただきました。
--------------------------
むーみんさん、はじめまして。 
 片張りで大損したことから鞘取りに興味を持ち、こちらを覗かせてもらってました。
 今日は休暇だったので、勉強のため原油買い-ガソ売りを1組仕掛けてみました。
 片張りと違い安心して見られるのはとても楽チンです。
 が、気づいた点がひとつ。
 昼間(本業中)、鞘の動きをどうやって見ていますか。
 指値やSTというわけにもいかず、サラリーマンなので常時見ている訳にも行かないので、
今日のように動くと利食いを逃す可能性も大で、他の方はどうしているのかと思った次第です。
 勉強不足で申し訳ありませんが、なにか良い方法があればご教授ください。 
 (以前書かれていたら申し訳ありません)

--------------------------

このコメントに対して、
--------------------------
アンクルさん、コメント有り難うございます。
私の場合は、本業が自営業ですので、その時の忙しさにもよりますが、1時間に一度くらいは、価格をチェックするチャンスがあります。
パソコンの画面をちらっと見ただけで、サヤの動きを把握するのには、フューチャーズアナリストのようなサヤチャートをリアルタイムで表示してくれるソフトは有り難いですね。
アンクルさんのように、サラリーマンで、通常は昼休みしか価格をチェックできないような場合、なかなか難しいところですね。
http://futures.blog4.fc2.com/blog-entry-355.htmlで紹介した大起産業ならサヤ幅による指し値注文ができますので、昼間、価格をチェックできない方には良いかもしれません。
この、サヤ幅による指し値注文ですが、サヤ幅を入力して注文すると、その条件にサヤ幅が達したときに自動的に成り行きで発注されます。ただ、このシステムは、約定値によるサヤ幅を基準にしているため、サヤ幅が条件に達して成り行き注文が出されたとき、特気配などで思わぬサヤ幅で約定してしまったり、ストップ高(安)などで、どちらかが成立しない場合もあります。
また、後場の寄り付きの際、寄り付き時間のタイムラグから一方の前場の終値ともう一方の後場の寄り付き値というサヤ幅の計算になってしまってそれが条件に達してしまい、成り行き注文が発注されてしまうリスクがあります。
その辺の問題点を上手く管理できれば有効なシステムではないかと思います。
私も、サヤ幅による指し値注文ができる点に魅力を感じて、大起産業に一時口座を開設したのですが、上記のような問題があるため、結局、全く取引をせず、資金を引き揚げてしまいました。
アンクルさん、良いアドバイスはできませんでしたが、参考になさってください。

--------------------------
と言う返事を書きました。

 私は、自営業なので、上司や同僚の目を気にすることもなく、商品先物取引をすることが出来ますが、サラリーマンの方々はなかなか難しいんでしょうね。

 営業などの仕事であれば、サラリーマンでも、時々携帯で価格をチェックしたりと言うことが可能かもしれませんが、普通は、それも、なかなか出来ないことだと思います。

 それでも、なんとか、サラリーマンとしての仕事に支障を来さない範囲で、午前10時頃、昼1時頃、午後3時頃、の3回くらい相場の動きをチェックできる環境ができれば、私がやっているような手法であれば、取引自体は十分可能だと思います。コメントに書いた、大起産業のサヤ幅による指し値注文も役に立つと思われます。

 ただ、「仕事との両立」と言うことを考えたとき、問題は精神面のコントロールですよね・・。

 よほど余裕を持った取引でない限り、頭の中は、先物取引のことでいっぱいになってしまうのではないでしょうか。

 アンクルさんへのその後のコメントでも書いたように、安定した収入があってこその商品先物取引だと考えていますので、精神的な面でも仕事に支障を来さないように気をつけることも大切だと思います。

 余裕を持った取引とはどんな取引か・・。

 「大きな投資資金で、少ない建玉
そして、建玉に対して順行したら、どこで利食いをするのか、逆行したら、どこで損切りするのか、それともナンピンするのかなど「相場の動きに対する対処をあらかじめ決めておく」、そして、「取引は決めた通りに機械的に行う

 単純ですが、仕事と、商品先物取引を両立させ、且つ利益を上げるためには、大切なことだと考えます。
コメント
この記事へのコメント
むーみんさん、ありがとうございます。
 「仕事との両立」を考えて鞘取りを選択したつもりでしたが、仕切りは片張りよりよっぽど大変だということがわかりました。(たとえば今日、仕事中にあの利食いタイミングを見つけるのはまず無理です)

 まずは「サヤ取り入門」に従い、板寄せで勉強してみようかと思います。
 とはいえ鞘取りに対する考え方なども、色々勉強になりますので引き続き読ませてもらいます。
 また教えていただくこともあると思いますので、その時はよろしくお願いします。
2006/04/26(水) 22:28:30 | URL | アンクル #90LdKUd6[ 編集]
仕事の合間でも・・
アンクルさん、コメント有り難うございます。この記事、余裕をもった取引が出来れば、一日に3回、価格をチェックするだけでも、十分可能だということを書いたつもりだったのですけど・・。
昨日の投資日記http://futures.blog4.fc2.com/blog-entry-557.htmlに書いたような利食いは、相場の動きをいつも見ていれば出来るわけではなく、単なる偶然です。だからこそ
「天使の贈り物」という表現をしたわけです。
その他の投資日記を読んでいただいてもお分かりのように、基本的に、私は、利食い下手な感じがあります。
仕事の合間に価格をチェックすることで、大きなチャンスを逃してしまうこともありますが、その逆、より有利なポイントでの仕掛けや、利食いが出来ることもあります。
ですから、どちらが有利でも、不利でもないと考えています。
仕事の合間の取引で、チャンスを逃してしまったようなとき、「仕事の合間の取引だから・・」と考えるのではなく、単に「運がなかった」と割り切れることも、仕事との両立においては大切かもしれません。
そのうちに、「仕事の合間だからこそ出来た」という運の良い仕掛けや、利食いが必ず出てきますから・・。
2006/04/27(木) 07:05:20 | URL | むーみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/555-00440426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン