趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発注ミスを無くすために・・
 TFT(思考場療法)という、心理療法をご存じでしょうか?
 経絡上の特定の場所を、決められた順番でタッピングすることによって、不安や恐怖症など、様々な心理的問題を解消する方法です。

 誰にでも直ぐに効果が出るわけではありませんが、私にとっては、いろいろな心理的問題(先物取引に対する不安や恐怖心、ストレスなど)について効果が出るように思います。

 TFTで扱われる、特殊な心理的状態として、PR(心理的逆転)という状態があります。
 
・TFTやその他の治療(通常なら有効なはずの医学的治療など)が奏功しない
・言葉、数字、概念の逆転(「右」と言おうとして「左」と行ってしまう)
・失読、寡黙は広範性心理的逆転の可能性
・気難しさ、いらいら、否定的気分、
・自分の努力を無にする行為
・自分に対する否定的つぶやき
・ぐずぐず物事を引き延ばす
・特定の分野(数学、言語、コンピューターなど)に心理的ブロックがある
 
 これらの状態があるとき、心理的逆転があるのでは・・、と疑います。

 「オンライントレードで発注ミスを時々してしまう」というような人も、心理的逆転が起きているのかもしれませんね。

 このPR(心理的逆転)の解消法ですが、手にあるPRスポットというポイントを15回ほどタッピングするだけです。

 PRスポットの場所は、手の小指側の側面、小指の付け根と手首の中間点です。

 反対の手の人差し指と中指を使って、トントンと叩いても良いのですが、両手のPRスポットが向かい合うようにして、PRスポットどうしがぶつかり合うように、トントンとした方が簡単です。
 例えば、オンライントレードの時だけ、発注ミスのような心理的逆転がある場合は発注している状態をイメージしながら15回タッピングします。
 いろいろな場面で、心理的逆転のような状態がある人は、特に何も考えないでタッピングします。

 簡単ですね。

 その後、アイロールという技法もやってもらうと、より効果があると思います。
 アイロールのやり方は、
 頭をまっすぐ水平に保ちながら、目だけで床を見る。次にガミュートスポットを叩きながらゆっくりと目を上げて天井を見る。
ガミュートスポットの位置は、手の背面で、こぶしを作ったときに出来る薬指と小指の関節の谷を、手首方向に2.5センチ移動したところ)

 アイロールは、簡単なリラックス法としても使えますので、是非試していただきたいと思います。
 TFTが合う人なら、結構スッキリした感じがすると思います。

 先にも書いたように、誰にでも効果があるわけではありませんし、もちろん効果を保証することは出来ませんが、私には効果があった手法として紹介します。

        
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/581-5ed6d8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン