趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白金と金のサヤ取りの可能性
 ちょうど1ヵ月ほど前ですが、リアルタイムサヤ相場表の応募者の方が、メールの中で白金と金のサヤに注目しているということについて話題にしていました。

 その時、少し気になったので、金と白金のサヤについて調べてみました。
 2000年から今日までの白金と金のサヤ、先限つなぎ足です。
 wgold-gold-saya.png
 サヤ幅は2002年頃からどんどん拡大し、今日の終値では2,162円幅です。
 これを見て私が感じたのは、白金と金のサヤ取りをやるのは、金の片張りと同じではないの?ということでした。それに、いざ仕掛けるとなると金は倍率1000倍なのに対し、白金は500倍なので、金1枚に対して白金2枚を仕掛けることになるのかな?そうなると証拠金の負担も大きいのでは・・などと考えました。
 ということで、私の中では、白金と金のサヤ取りについては、今後取引することはないだろうと考えていました。

 ところが、今日、何となく、白金と金のサヤ取りのことを考えて、1ヵ月前の考えが浅はかだったことに気がつきました。

 1ヵ月前、白金と金のサヤ幅は、金の価格と同じように推移していると感じたわけです。ということは白金の価格は大体金の2倍で推移していることになります。

 白金の2分の1の価格は金の価格はと同じ様な推移をしていると言うこと?
 白金の2分の1の価格は金の価格のサヤはどうなっているの?と考えました。

 そして白金の2分の1の価格と金の価格のサヤ、2000年から今日までの先限つなぎ足です。
 20060628215107.png
 先程のサヤの推移とは全く違うチャートになります。
 そして、このチャートなら、サヤ取りできるのでは?と感じさせます。
 このグラフが0を越えてくるようなら、サヤ縮小で利益が出るように白金売り、金買いで仕掛けたら、良いかも?と考えます。

 この場合、金1000倍、白金500倍をそのまま適応して、1枚ずつ建玉すればよいことになります。とりあえず、200円幅くらいまでの逆行を想定して・・・。

 などと考えているところです。
 ガソリンと原油以外の新たなレパートリーになるかもしれません。

 続きは
   白金と金のサヤ取りの可能性2  2006/06/29
   白金と金のサヤ取りの可能性3  2006/07/02
   白金と金のサヤ取りの可能性4  2006/07/02

 関連記事
   サヤの計算方法修正  2006/07/14 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/664-00808a7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン