趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆっくり眠れる取引
 自己紹介でも書きましたが、私は、先物取引を始めて1年程で約100万円の損失を出してしまいました。その当時は、商品取引会社のトレーダーの方を通じての取引をしていました。100万円の損失を出すに至った経過は、「苦い経験談」という形でいずれ書こうと思っています。

 「先物取引」というと単純に、「怖いもの」というイメージがありました。商品取引会社の営業の人から説明を聞いて、「システムを理解して、リスクをしっかり管理していれば、それほど怖い取引ではなく、うまくいけば投資金額の2倍3倍という利益がとれる魅力的な取引なんだ。」というような考えに変わり、その時たまたま手元にあった12万円を、もし失敗して無くなってしまってもいいか。というくらいの気持ちで預けて、金の買い2枚から取引を始めました。一応取引のリスクなどは理解して始めたつもりでしたが、実際には、徐々に損失が増えていく状況。「損切りをしたい」といっても「もったいない」「追証の心配があるから両建てしましょう」と何となく納得させられて増えていく建て玉。「怖いもの」という最初のイメージ通りの展開になっていったわけです。
 それでも、今後の取引次第では挽回できるのではないか?と頭の中はフル回転でした。また、もっと損失が増えるのではないか?このまま行ったらどうなってしまうのだろう?という不安感が非常に強く、身体に力が入らず、何となく手足が痺れているような感じにもなっていきました。夜、布団に入ってからも、なかなか寝付けないことが多くなりました。

 結局約100万円の損失を出して、商品取引会社のトレーダーを介しての取引からは撤退しました。こんな経験は懲り懲りです。

 先物取引の仕掛け方を間違えると、その不安や恐怖感は本当に身体に来ます。
「趣味として」ゆっくり眠れる範囲でのトレードにしたいものです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/7-ec92cdb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン