趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「冷静な対処」って・・
 昨日記事にした「気になるSpot価格」ですが、白金の-204ドル、-19.19%表示には、正直、ビックリしました。
 日本での白金1キロ当たりに換算すると-750円以上になります。建て玉が買い2枚ですから、そのまま、単純に考えれば75万円以上の含み損が増える可能性があるわけです。

 記事の最後に、「冷静に対処したいと思います」と書きましたが、私がその時点でやっていたことは、2枚の買い建玉に対して損切り注文を入れることでした。
 そして結局、今朝の外電を確認して、この損切り注文は取り消すこととなりました。

 私の損切り注文が「冷静な対処」かどうかは?ですが、結局、出来ることは、様子を見るか、損切り注文をするかのどちらかだったわけです。万が一、今朝の外電が大きく下げるような状況になった場合、早めに発注しておいた方が約定の可能性が高いのでは・・と考えたわけです。

 通常の取引でも、結局のところ、買う、売る、様子を見る、この3つしかないんですよね・・。
 単純なのに難しいですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/901-c413a7bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン