趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アービトラージに適した取引会社は・・
 商品先物取引に関する情報サイトFactual Futuresでは一目瞭然および一目瞭然2が10月に行われた2006年度の最新のアンケートをもとに更新されています。

 オンライントレードの会社選びには大変参考になると思います。

 私が口座を開いている取引会社は、
 2006/12/28現在の順位
 1位 ひまわりCX
 2位 フジフューチャーズ
 2位 北辰商品
 4位 三井物産フューチャーズ
 4位 大起産業
 と、それぞれ上位にランキングされています。

 オンライン取引会社を選ぶに当たり、一般的に最も気になるのは手数料だと思います。
 特に、日計りで一日に何度も取引する場合には、少しでも安い方が有利になります。
 その意味で考えると
 大起産業    往復210円
 三貴商事【INV@ST-CX】   往復280円
 この2社がお薦めということになるのでしょうか。
 ※大起産業にはサヤ幅による指し値注文が出来ると言うことで一度口座を開設しましたが、リアルタイムサヤ相場表、自動発注対応  2006/06/26の記事に書いたような理由で自分の作ったリアルタイムサヤ相場表を使った方が確実だと考えて口座から資金を戻してしまいました。私がデイトレード中心の取引をしていたら主な取引会社になっていたかもしれません。
 ※三貴商事も手数料的に魅力を感じていますが、バーチャルトレードのシステムを使ってみたところ、自宅の回線環境の関係からかチャート表示などが快適に表示できなかったために口座開設していません。

 さて、私自身の取引はサヤ取りが中心で、時々、金もしくは白金の片張りトレードです。そして、オーバーナイトがほとんどです。私と同様の取引をする場合に使いやすい会社は・・

サヤ取り時の手数料では、
 大起産業          1組往復  840円
 ひまわりCX        1組往復  840円
 三井物産フューチャーズ 1組往復  900円
 北辰商品          1組往復 1,260円
 フジフューチャーズ    1組往復 1,574円

片張り時の手数料では、
 大起産業          1枚往復  420円
 北辰商品          1枚往復  630円
 フジフューチャーズ    1枚往復  787円
 三井物産フューチャーズ 1枚往復  900円
 ひまわりCX        1組往復 1,260円

サヤチャート表示ソフト(機能)では、
 三井物産フューチャーズ フューチャーズアナリスト・パーフェクトバージョン
 北辰商品        DIAS Pro
 フジフューチャーズ   デュアルDT画面 合成Tickチャート
 ひまわりCX      REAL CX 
 大起産業        リアルタイムサヤチャート機能は無し
※フューチャーズアナリストとDIAS Pro は、DDE連結機能を搭載しているので、私の使っている気配値によるリアルタイムサヤ相場表を使用することが出来ます。この2つのチャートソフト、チャートの機能としてはほとんど同じです。ただ、使い勝手など個人的な好みではフューチャーズアナリストの方がイイ感じです。
※フジフューチャーズのデュアルDT画面は2006/12/18のバージョンアップで、サヤ表示ツールとして大幅に進化しています。合成Tickチャートでリアルタイムなサヤチャートが表示される他、「W気配」表示でオンライン取引会社の表示機能としては初めて、気配値によるリアルタイムサヤ表示がされています。詳しくは、
フジF、デュアルDT画面がサヤ取りツールとして進化  2006/12/18

日計り時の手数料では、
 大起産業          1枚往復  210円
 北辰商品          1枚往復  294円
 ひまわりCX        1組往復  630円
 フジフューチャーズ    1枚往復  787円
 三井物産フューチャーズ 1枚往復  900円

それぞれの会社についての詳細は、
   フジフューチャーズの魅力  2006/02/09
   三井物産フューチャーズの魅力  2006/02/13
   ひまわりCXの魅力  2006/02/23
   北辰商品に口座開設  2006/08/23
 これらの記事を参照下さい。

 どの会社も、魅力的ですね・・。
 ●私のようにサヤ取り中心でということが固まっていれば、三井物産フューチャーズはチャートソフト、手数料の点でお薦めです。
 ●DDE機能のチャートソフトが必要なければひまわりCX
 ●自分の投資手法は固まっていないけれど、日計り、通常の片張り、そしてサヤ取りにも魅力を感じている、チャートソフトもDDE機能を搭載しているものが良いという場合は北辰商品というところでしょうか。
  ※外電が大きく動いたら・・  2006/11/07の記事で紹介したような、当限が絡んだサヤ取りは、北辰商品では、当限の新規建て玉が出来ないので、利用できません。値動きの激しい当限での新規建て玉を制限しているのは、投資家保護と言うことで理解できますが、ちょっと残念ですね。
 ●フジフューチャーズ、サヤ取りの手数料では、他の4社に劣りますが、デュアルDT画面のバージョンアップでかなり魅力的なものになっています。DT画面、デュアルDT画面など画面の見やすさや、その使い勝手の良さはサヤ取りの際の手数料の高さを補ってあまりある感じがします。口座数No.1には、それなりの理由が有ると思います。
 ●サヤ取りでも異市場間でのアービトラージをやりたい場合には、取扱銘柄も考えなければなりません、東京、中部でのアービトラージを考えた場合には、三井物産フューチャーズかひまわりCXと言うことになります。
 ●大起産業は、2007/01/04より、手数料が改定され、手数料的にはがかなりお薦めの会社となっています。以前から、サヤ幅による指し値注文が出来る、サヤグラフではフューチャーズアナリストのサヤ比較チャートと同様のチャートが表示される、など、サヤ取りに対して特徴あるサービスをしていますが、弱点とすれば、リアルタイムのサヤチャート表示機能が無い、中部の商品を取り扱っていない、当限に関しては、既存の建て玉の仕切りのみで新規建て玉が出来ない、ことが上げられます。それらの機能を他の取引会社で補えば、かなり使い勝手が良いと思われます。

 今回、私が使っている会社について比較してみましたが、オンライントレード会社選びはなかなか難しいですね。
 画面のデザインに対する好みや、使い勝手については、人それぞれ感じ方が違いますから、是非、デモ画面で確認したり、バーチャルトレードの口座を開いて試してみることをお薦めします。

 
 
 

 

 ※この記事で紹介した、三井物産フューチャーズ、ひまわりCXは、現在ドットコモディティと統合しています。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは^^
セリでのハナは「端」と書くんだそうです。
「端」って「ハシ」とも読めますよね。
推測ですが、売り買いの枚数の端数が合わないで値が動き出す事が語源じゃないんでしょうか?

また、セリで約定させる気もないのに大量注文を出して、自分の思う方向へ値を誘導する行為を「ダボセリ」と呼ぶそうです。
ちなみに上げ誘導を「ヤオ上げ」、下げ誘導を「ヤオ下げ」と呼ぶそうな・・・・
「ヤオ」は八百長が由来かな?

セリの最後のハナを取ってセリを終わらせる行為を「ハナ取り」と言って、取引員によっては仕手戦絡みや商社機関店などの目安に成ったりもするそうです。

昔は「場立ちさん」と呼ばれる人たちが、セリを実況(取引員名とハナ枚数を読み上げてくれてました)してたんですけどねぇ~
ゴムがザラバへ移行して「場立ちさん」も居なく成りました。

電話口から聞こえてきてた場立ちさんの声が、なんだか懐かしいなぁ~
2006/12/09(土) 00:19:14 | URL | あの男^^ #JalddpaA[ 編集]
おまけ
古い取引員は「屋号」ってのを持ってまして、古株の外務員などは屋号で呼んだりしてます。
一例を上げれば

岡地=カネサン
岡藤=ジャノメ
小林洋行=ヤマケイ
北辰商品=カネキタ
北辰物産=マルキタ

おまけのおまけ
北辰を退社して人を外務員連中は「脱北者」と呼ぶそうな・・・^^;
2006/12/09(土) 00:27:26 | URL | あの男^^ #JalddpaA[ 編集]
詳しい解説、有り難うございます。
あの男^^さん、「ハナ表示」に関して、詳しい解説、有り難うございます。
「敗北者」の話も面白かったです。
私なんかは、まだまだ知らないことがいっぱいあるなあ~と感じています。
また、いろいろと教えていただけると有り難く思います。
今後とも、よろしくお願いします。

2006/12/09(土) 07:24:50 | URL | むーみん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/12/11(月) 13:23:22 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/983-bcab7ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン